ルテインその2

 

                                                                                                                ルテインベリーアイ

ルテインは網膜に多く存在する抗酸化栄養素で、紫外線によって目の中に発生する活性酸素を中和し、

網膜を光の酸化から守る効能がありますます。

ルテインの量が少なくなると、白内障・加齢黄斑変性症(AMD)といった

眼病の要因になることも確かめられています。

ルテインは紫外線に対してバリアー効果を発揮しているといわれています。

紫外線は人に対して害を与える光線として有名ですが、

照明、テレビ、コンピューターモニター等の中に多く含まれる青い光もエネルギーは高く、

細胞に与えるダメージも強力です。

ルテインは、この青い光を吸収し遮る役割があります。

また、光の一部が細胞に達してしまい、細胞が光による酸化ダメージを受ける危険性が生じた場合でも、

抗酸化作用によってこれを防止します。

残念ながらルテインは食事から十分に摂取することが難しいそうです。

サプリメント等をうまく利用して、眼の健康を保ちたいですね。

                                                                                   

目への癒しTOPに戻る

inserted by FC2 system